エクセル家計簿の作り方!テンプレートとおすすめアプリも紹介

    家庭の財布の紐が一層きつくなる日本社会。こんな時代でもやはり家計簿は大切です。「今年こそ家計簿をつけたい!」という方におすすめのエクセル家計簿テンプレートをご紹介!使い方によってはおすすめのアプリも教えちゃいます!



    家計簿をこれから始める人へ

    これから家計簿を始めたいと考えている人は何で家計簿をつけるべきしょうか?表計算ソフトのエクセル(excel)や無料で使える家計簿アプリ、はたまた昔ながらの家計簿帳など、さまざまな選択肢があります。そこで、今回は家計簿をつけるにあたり、おすすめの方法をエクセル(excel)、簡易版アプリ(おすすめアプリのおカネレコ)、マネーフォワードの3つに絞って、ご紹介したいと思います。

    自由にカスタマイズができるエクセル(excel)家計簿

    家計簿をつけるにあたり、便利なソフトウェアがMicrosoft社の表計算ソフト「エクエル(excel)」です。 エクセルを使った家計簿は何と言っても自由にカスタマイズすることができることです。 スマートフォンなどの家計簿アプリを使ってはみたものの、「自分の家計簿としてはふさわしくない」と使用しなくなった方も少なくないのではないでしょうか。 エクエル(excel)家計簿の良いところはインターネット上に無料の家計簿テンプレートが多く配布されており、また自分に合った家計簿にカスタマイズができることです。 そこで、今回はおすすめのエクエル(excel)家計簿テンプレートをご紹介いたします。

    「家計簿 Officeスタイル カタログ」



    https://www.microsoft.com/ja-jp/office/2013/stylecatalog/excel/excel02.aspx

    エクエル(excel)の開発者でもあるMicrosoft社が出している家計簿テンプレート。 昔ながらのノート家計簿と似たデザインと月毎に分けられたシートが見やすく、使いやすいと評判です。エクエル(excel)の関数や数式が事前に設定されており、各出費を記入するだけで、自動計算されるので、管理も楽です。

    シンプル・イズ・ザ・ベスト!「無料エクセル家計簿」

    http://www.vector.co.jp/soft/win95/home/se476040.html

    会計事務所が会計士の視点で作られたシンプルなエクエル(excel)家計簿。 1シートに1年分の収支を記入するだけで記帳ができるのと、シンプルな作りになっているため、自分用に好きにカスタマイズができることも魅力の一つ。入力した支出金額もどの割合で使用しているかも一目瞭然なところもおすすめです。

    たったの2秒で完了!300万ダウンロード突破「おカネレコ」

    AppStoreファイナンス部門で常に上位にランクインする人気家計簿アプリ「おカネレコ」 使用した金額を記入して、科目をタッチ!入力ボタンを押すという3ステップで簡潔できる手軽さが人気となっています。



    http://okane-reco.com/

    入力された科目はリストやグラフで分りやすく表示され、収支のバランスも表示されます。もちろん、科目も自分用にカスタマイズできるので、自分用の家計簿をすぐに作れます。 「自宅でパソコンの電源をオンにして、エクエル(excel)を立ち上げて、レシートを見ながら入力するのが嫌だ!」という方にはおすすめのアプリです。 記入した家計簿の内容はデータのバッグアップやスマホ以外のデバイス(パソコンやタブレット)でも使用でき、賢いマネー術を伝授してくれる「おカネレコマガジン」も人気となっています。

    しっかりと管理したい人におすすめ!「マネーフォワード」



    https://moneyforward.com/

    家計簿はしっかりと管理したい!銀行の残高やクレジットカードの利用履歴など「お金」にまつわる全てを管理したい人におすすめの無料家計簿アプリ・家計簿ソフトが「マネーフォワード」です。

    金融機関の対応数は業界一位で、複数の銀行口座の残高も管理できる優れもの。銀行やカードで使った光熱費や通信料、食費などは自動で分類されるというハイテクな家計簿です。

    それだけではありません! スマートフォンにも対応しており、購入した商品のレシートをその場で撮影するだけで、自動的に家計簿へ反映されます。

    グラフや表などにして、家計簿や資産も一目瞭然! もちろん、現金での支払いも手入力で簡単に入力することができます。

    無料なのに、ここまでしてくれる家計簿は滅多にありません。 ネットショッピング、証券、マイル、電子マネー、年金なども対応しているので、本格的に家計簿をつけたい方はぜひ使用したい家計簿サービスです。

    まとめ

    家計簿とは、その人の生活を表現したものであり、十人十色です。人によって、使いやすい・使いにくいはあって当然。家計簿をつけることで収支が明確になり、計画的な貯蓄や投資が可能になります。しかし、大切なのは「続ける」こと。自分に合った家計簿サービスを見つけることが大切ですよ。

    この記事が気に入ったら
    いいね ! しよう



     トイロハのおすすめ記事