超簡単!効率改善!エクセルでの日付・曜日入力の使い方!

    エクセルで仕事データを管理すると、意外と日付や曜日の使用が多くなります。いちいち日付の入力をしていると効率も悪くなり、本来売上を上げるための業務に支障が出てしまいます。今回は知って手得する日付曜日入力のテクニックをご紹介いたします。



    いちいち日付を入力してませんか?

    エクセルでデータ管理やスケジュール管理、カレンダー代わりとして使用すると何かと日付や曜日を入力する機会があります。また、日々の売上進捗を記録、追跡するのに日付や曜日が間違っているとデータを読み違え、ミスを誘発してしまいます。そのため、日付を記入する際は手入力をやめましょう。

    エクセルには日付を入力する機能があります。

    ・ショートカットキーで記入する
    ショートカットキーを使用して、日付を入力することができます。 「Ctrl」+;を入力すると、現在の日付が簡単に入力することができます。

    ファイルを保存した後、後日ファイルを開いたとしても 入力した日が表示されるので、上書きされる心配もありません。

    ・関数を利用して入力する方法
    日付を入力する関数もあります。

    「fx」ボタンをクリックし、関数ウィンドウを表示させます。 「関数の分類」から「日付/時刻」を選択します。

    今日の日付を入力する場合は「Today」を選択します。

    現在の日付と時刻を入力する場合は「NOW」を選択します。

    関数を記入して表示されたデータのセルを選択すると 数式が表示されています。

    このように、エクセルに備え付けられている機能を使って、日付を入力するようにしましょう。

    日付を入力するときのルール

    日付の入力は和暦、西暦入力も可能ですが、推奨されている日付入力のルールがあります。 そのルールが以下になります。

    • スラッシュを使う
    • 年を入力する

    エクセルではハイフンやスラッシュが日付の区切り記号として認識するように設定されています。もしスラッシュを使用しないと作成者の意図しないデータと認識されてしまいます。

    また、年を入力することで後ほど説明する「曜日」入力が可能となります。 曜日入力は年号と月日の値が必須となります。 しかし、データによってはスラッシュ付きの日付以外の表示が必要となる場合があります。

    その場合は「セルの書式設定」から変更が可能です。 「セルの書式設定」は変更したセルを選択した上で、 右クリックするとショートカットキーが表示されます。

    すると「セルの書式設定」ウィンドウが表示されます。

    「表示形式」→「日付」→「種類」で選択が可能です。 OKをクリックすると表示が変更されます。

    曜日の入力方法

    曜日の入力もエクセルの機能を使って、正確に入力することができます。 まず前提として、年を記入しておきます。
    ※年がわからないと曜日が特定できません。

    まずは曜日を入力したいセルに対象となる日付を指定します。

    ※セルを選択し、「=」を入力。該当の日付を選択します。

    曜日を設定したいセルを選択したまま、右クリック。 ショートカットで「セルの書式設定」を選択します。

    すると「セルの書式設定」ウィンドウが表示されます。 「表示形式」→「ユーザー定義」を選択します。 次に種類のフォームに「aaaa」を記入し、「OK」をクリックします。

    すると曜日が設定されます。

    設定した曜日のセルの右下に黒くなっている点が表示されます。 これにマウスポインターをあわせ、曜日を設定したいセルまで引き伸ばします。

    曜日は関数でも設定が可能です。

    すると同様のセルの書式が設定されます。 曜日を設定したいセルを選択したまま、「fx」ボタンをクリック すると関数ウィンドウが表示されます。

    「関数の種類」で「日付/時刻」を選択します。 関数名「WEEKDAY」を選択し、「OK」をクリック

    次に「関数の引数」ウィンドウが表示されます。

    シリアル値に曜日をつけたい日付が記入されているセルを選択し、「OK」をクリック

    すると曜日が設定されます。

    応用でカレンダーを作成することができます。

    日付と曜日をエクセルの機能を使うと正確に入力することができます。 ビジネス上、注文履歴や送付リストで日付・曜日を入力する際に前述の方法で入力すると間違いも起きにくく、トラブルを未然に防ぐことができます。

    また、設定方法も簡単で関数になれていない方でも「セルの書式設定」で行なうことができます。

    慣れてしまえば、自分でオリジナルのカレンダーを作成することもできます。

    このように自分のオリジナルの予定表を作り、他の人とも共有することもできます。

    まとめ

    プライベートでもビジネスでもエクセルを使えば、必然的に日付と曜日を使用する機会が増えます。しかし、手作業で入力すると日付と曜日の整合性が取れなくなり、ミスを誘発してしまいます。エクセルでは機械的に日付や曜日を設定できるため、間違いも減り、正確な管理が可能です。

     

    この記事が気に入ったら
    いいね ! しよう



     トイロハのおすすめ記事