ここまで使える!?スマホ版エクセル最新情報/Android

    会議資料や見積の詳細情報など、まだまだエクセルで作成するものも多いです。会社のパソコンではなく、移動中に顧客向けの資料に目を通したい、メールで送られて来た資料をその場でチェックしておきたいという場合も少なくありません。たまたま気づいた誤字があれば、その場で直してしまいたいはずです。

    実はAndroidのスマホでも、マイクロソフト純正のエクセルを無料で使うことができます。ここでは、Android版エクセルの最新情報を見ていきましょう。



    Androidのスマートフォンでエクセルのファイルを見るには

    数年ほど前まで、Androidのスマホでエクセルのファイルを利用するにはサードパーティ製のアプリを使うのが一般的でした。しかし、最近ではマイクロソフト社自身がAndroid用のエクセルを普通のアプリとして提供しています。余談ですが、エクセルだけでなくワードやパワーポイントなど他のOffice製品も同じように提供されています。

    Android用エクセルは、一般的なアプリと同じようにGoogleのPlayストアからインストールすることができます。しかも無料です。 

     

    パソコンで作成したエクセルのファイルをAndroidスマホで表示するには、あらかじめGoogleドライブやDropboxなどのストレージサービスにそのファイルをコピーしておくか、メールに添付して送るなどの準備が必要です。

    エクセルアプリをスマホにインストールしてはじめて起動すると「サインイン」を要求されます。

    サインインに使うのは、マイクロソフトアカウントまたは企業で契約していればOffice365の企業アカウントになります。現状では、特にサインインをしなくてもほとんどの機能を利用することが出来ますので、アカウントがない場合も「スキップ」して試すことができます。ただ、マイクロソフトアカウントは無料で取得できますのでこの機会に登録しておくとよいでしょう。

    アプリが起動した後、画面の「開く」をタップすると、ファイルの保存場所を選択する画面が表示されます。はじめてのときには、GoogleドライブとマイクロソフトのOneDrive、そしてデバイス(スマホ本体)の3つが用意されています。他にDropBoxなどのストレージサービスを使いたいときには、必要なサービスを追加することもできます。

     

    あとは、開きたいエクセルのファイルを選ぶと、小さいながら見慣れたエクセルの画面が表示されます。画面の大きさがスマホとパソコンでは大きく違いますので、リボンなどのインターフェースは省略されていますが、セルのデータやグラフなどもそのまま表示することができます。

     

    スマホ版エクセルで編集をするには

    エクセルのファイルを開くことができれば、スマホとパソコンで操作の違いはありますが、基本的には同じように編集など行うことが出来ます。ただし、そこは画面の小さいスマホでのこと、パソコンの広い画面でマウスを使って操作するのとは勝手が違います。

    基本的には、マウスのクリックはタップ、ダブルクリックは、素早く連続してタップ、右クリックメニューは、長押しでだいたいの操作を行うことは出来ます。とはいえ、小さい画面の中ですから、あまり複雑なことはできないと思っていた方がよいでしょう。

    例えば、あるセルの内容を編集したいと思ったら、そのセルを連続してタップすると図のように編集可能になります。必要な編集を行ったら、緑のOKボタンで編集完了、キャンセルボタンで編集を破棄という操作は一般的なスマホアプリと一緒ですね。

     

    Androidからエクセルファイルを印刷するには

    Androidスマホからでも、エクセルのファイルをネットワークプリンターに簡単に印刷することができます。

    まず、スマホの設定でプリンターを設定しておきます。続いて、エクセルのメニューボタンをタップして「印刷」から操作をしていけばパソコン版と同じように印刷することができます。

     

    また、スマホで外出中に急遽エクセルのデータを印刷したいような場合もあるでしょう。

    そのような場合には、各社コンビニに設置してある多機能プリンターから印刷できるスマホ用アプリを利用する方法が考えられます。ただ、エクセルのファイルを使って直接は印刷ができません。そこでエクセルアプリの印刷機能にあるPDF出力を使って一度PDFファイルを作成しておくことで、外出先で必要な資料を印刷することが可能になります。

    エクセルならではの機能マクロは使える?

    エクセルといえば、マクロ/VBAは企業内でもよく利用されている機能の1つ。果たしてこれがスマホ版でどうなるのか気になる方も多いはず。

    結論から言うと、残念ながら現在のスマホ版ではマクロは利用することができません。そもそも、マクロの入ったエクセルファイルを開くと、次のような警告が表示されマクロが無効になってしまいます。

     

     

    それに加えて、シート上にマクロを実行するためのボタンなどが付いているファイルの場合、開こうとしても警告が出て先に進めないため、注意が必要です。

    AndroidとiPhoneではどんな違いがあるのか?

    現在ではAndroid向けだけでなく、iOS用のマイクロソフト純正のエクセルアプリが公開されています。もちろん、iPhoneでも利用できます。では、同じエクセルだし見た目も一緒なのか気になるところですね。

    細かい違いはありますが、基本的にできることは一緒です。ただ、iPhone用はやはり画面操作などがiPhoneに最適化されていますので、ファイルを開くさいの画面の詳細やプリントの操作に行くまでのボタンの配置やプリンターの選択方法などが違っているといったことがあげられます。

    なお、2016年12月現在、Android版は製品名に(ベータ版)という記載がありますが、一通りの機能は問題なく利用できます。現状では、サインインせずに編集もできますが、今後変わってくる可能性もありますので、無料のマイクロソフトアカウントを取得しておくとよいでしょう。

    この記事が気に入ったら
    いいね ! しよう



     トイロハのおすすめ記事