エクセルのパスワード忘れた時に使えるフリーソフト

    他人とのエクセルファイルのやり取りどうしてますか?ビジネスで使うエクセルファイルなどは特に重要な書類の様なものです。パスワードを掛けてやり取りするのはもはや常識です。

    ※エクセルのパスワードのつけ方、解除に関しては以前の記事「もはや常識!?社会人なら知っておきたい、エクセルでのパスワード設定と解除について」をご覧ください。

    しかしながらこのパスワード、多すぎると思いませんか?パソコンやスマホの起動時のパスワード、オンラインバンクのパスワード、Gmailのパスワードなどなど、パソコン、スマホを使っているとパスワードだらけです。



    管理の仕方やパスワードのつけ方は人それぞれ独自の方法を持たれたりしていますが、忘れてしまうことや、管理していたものが紛失することもあります。また、会社や仕事の委託の場合、エクセルファイルを作成した前任者が退職した、あるいは連絡がつかないといった場合もあります。

    エクセルのパスワードを忘れてしまった、わからない。貴方ならどうしますか?本来なら、「諦めてください」というところですが、どうしても必要なファイルの場合、忘れてしまったパスワードを解析するためのソフトがありますので、今回はその中から無料で使えるソフトを紹介させていただきます。

    エクセルのパスワード解析ソフトを利用する前に必ずお読みください

    ・他人が作成したエクセルファイルのパスワード解析には絶対使わないでください。

    ・ご自分で作成したものや権利者の許可を得たエクセルファイルのパスワード解析にのみ利用ください。

    ・フリーソフトの性質をよく理解いただき、自己責任でご利用ください。

    ・解析はランダムに並んだ英数字を総当たりで検索していきます。そのため、長いパスワードの場合、解析に非常に時間がかかる場合があります。また、絶対に解析出来るとは限りません。

    オススメのエクセルパスワード解析アドインソフト

    エクセルのアドインソフトの中からオススメは「エクセルパスワード瞬時解除ForExcel2007/2010/2013」です。アドインなのでエクセルに組み込んで利用します。解析というよりは、かかっているパスワードを解除するアドインソフトになります。

    まずは、下記よりダウンロードしてインストールしてください。アドインソフトにはマクロが含まれています。そのため、インストールの際にマクロの設定を変更する必要があります。詳しいインストール、設定方法は、ダウンロードファイルを解凍したフォルダー内ある、「エクセルパスワード瞬時解除.txt」をお読みください。

    エクセルパスワード瞬時解除ForExcel2007/2010/2013

    インストールの手順です。

    1.解凍したフォルダー内の「アドインインストール」をダブルクリックします。そうすると下記のようなエクセル画面が立ち上がりますので、左側の「アドインをインストール」というボタンをクリックします。

    ※以下のようなVBエラーメッセージが出ることがあるようです。問題は無いようなのでそのまま終了をクリックして下さい。

    2.続いて、ファイルを選択する画面が表示されますので、「エクセルパスワード瞬時解除」を選択し、「開く」をクリックします。

    インストールが完了すると、メニューバーに「パスワード解除」というタブが作成され、下図のようなメニューが出来ます。エクセルブックのパスワード解除の場合「ブックパス解除」をクリックし、パスワードを解除します。

    5文字程度のパスワードであれば瞬時に、10文字でも1分程度で解除出来ます(パソコンの性能で前後します)。なお、このアドインソフトは、先ほども書きましたがパスワードが表示されるわけではありません。パスワードをアドインソフトが検索して、自動で解除するソフトになりますので、パスワードを解除されたエクセルファイルには再度パスワードを設定するようにしましょう。

    パスワードの設定の方法は、「もはや常識!?社会人なら知っておきたい、エクセルでのパスワード設定と解除について」をご覧ください。

    無事パスワードが解除が出来たらアドインソフトはアンインストールしておきましょう。アドインがあることで多少なりとも起動が遅くなったり、動作に不具合が出ないとは限りません。さらに、他人が操作してパスワードを解除されることも考えられます。

    アンインストールの方法は、インストールの手順で書いた1.を再度実行し、画面右側の「アドインをアンインストール」をクリック、あとは画面に従えばアンインストールが出来ます。

    最後に、このアドインソフトが解除できるのはブックパスワードとシートのパスワードのみです。VBAにかけられたパスワードやファイル自体にかけられたパスワードは解除する事が出来ません。これらのパスワードを解除するには有料のソフトが必要になります。

    まとめ

    エクセルで作ったシートやブックにパスワードを設定する事が常識になってきましたが、パスワードを忘れてしまっては、せっかく作ったものが無駄になってしまいます。今回紹介した方法は最終手段にし、まずは、パスワードを管理する方法を考えましょう。エクセルをお使いでしたら、OneNoteもパソコンにインストールされていると思いますので、OneNoteを活用するのも方法です。何度も言いますが、パスワードを解除するのは、ご自分に権利があるファイルのみにしてください。

    この記事が気に入ったら
    いいね ! しよう



     トイロハのおすすめ記事